Platinum Kubera FX評判検証

たくさんの検証ブログ・検証サイトがPlatinum Kubera FXをレビューしている中、私のブログにも興味を持っていただいてありがとうございます。
このブログでは、今まで数十種類・200万円以上はFX商材を検証してきた経験をもとに、Platinum Kubera FXについてできるだけわかりやすく・多角的に検証した結果をまとめています。






記事の最後では、他のブログで入手困難な独自特典の紹介もしているので、ぜひ最後までお付き合いいただければと思います。



■Platinum Kubera FXがオススメな人

・裁量だけで勝てるようになる自信がない

・相場を見るとトレードしたくてウズウズする

・FXの勉強が正直、苦手

・トレードするたびに資産を減らしている



■Platinum Kubera FXの評価

Platinum Kubera FXは、前作の「platinum turbo fx」が非常に評判が良かった影響もあり、発売当初から売り上げを伸ばし、前作同様の人気を獲得しています。

コンセプトも引き継いでいて、「EAで最低限の利益を確保しつつ、裁量トレードのスキルアップをしよう!」という思いが前面にあふれています。



Platinum Kubera FXの特徴を語るには、いくつものポイントがあるんですが、そうした中であえて2つに絞って紹介をすると、


・丁寧なサポートに定評がある

・EAの検証期間・トレード数が十分にある





Platinum Kubera FXの評判が良い理由は、前作での徹底したサポートがあったおかげです。購入者に対して、ある意味、投資助言行すれすれともいえるくらい、突っ込んだアドバイスをしてくれる点に定評がありました。

EAをそのまま動かすだけでも年間通してみれば収支がプラスになっているという安心感がある上で、裁量トレードでさらにリスク対リワードを高められようになっています。



具体的には、サインが出てもリスクが高いと考えられる場面は見送ってみたり、また、サインがまだ確定していない状態でも、勝てる可能性が高く、利益も大きく見込めそうなら飛び込んでみたり。

こうした柔軟性をPlatinum Kubera FXも引き続いでいて、EA自体で利益を上げつつ、裁量トレードのスキルアップもできるという一石二鳥のシステムになっています。



自分の裁量トレードの様子をまとめてサポートにメールをすれば、良かった点・悪かった点を評価してくれます。こうしたフィードバックを次回のトレードに生かすことで、裁量トレードで勝つ感覚を徐々に養うことができます。

裁量トレードを中心に、FX商材ではサポートがついているのが常識的ではあるものの、Platinum Kubera FXくらい、丁寧かつ期限も回数も無制限に対応してくれるのが、非常に珍しい方です。



ある意味、FXの高額塾に申し込んだくらい、丁寧にバックアップをしてくれますから、サポートに期待をして申し込む人も多いんじゃないかと予想されます。




Platinum Kubera FXの2つ目のポイントは、信頼できる結果を公開していることです。サポートに定評があると言っても、やはり、システムそのもの信頼性が高いことが前提です。

EAの過去の成績は、メタトレーダーのストラテジーテスターを使って公開するのが一般的。ストラテジーテスターの結果すら公開していないEAは論外です。全く信用はできません。



逆に公開をしていたとしても、検証期間・トレード回数をしっかり注目すべきです。検証期間があまりにも短かったり、トレード回数が少ないと成績をねつ造(カーブフィッティング)している可能性が高くなるからです。

残念なことに、検証期間中だけ、成績が良いように見せかけることで、売り上げを伸ばそうとする悪い販売者が後を絶ちません。



Platinum Kubera FXはその点、検証期間は2年なので、ちょっと短い気はしますが、この間にイギリスのEU離脱というリーマンショック並みのファンダメンタルズの変動がありました。

それにもかかわらず、2年連続してしっかりと年間利益を確保している点は非常に評価できますし、ドル円・ポンド円の5分足・1時間足それぞのチャートですべてトレード明細までしっかり公開しています。



トレード明細をねつ造するとなると、さすがに膨大な手間がかかりますから、Platinum Kubera FXの過去の成績がねつ造されている心配はほとんどありません。

少なくともこの先、イギリスのEU離脱に近いファンダメンタルズの変動があったとしても、Platinum Kubera FXなら手堅く利益を確保してくれますよ。



以上でPlatinum Kubera FXのレビュー結果となりますが、最後に当ブログからPlatinum Kubera FXに申し込みをしていただいた場合のプレゼントについて紹介をしますね。








他のブログでは入手できない限定特典付きでPlatinum Kubera FXを申し込むにはこちら






JUGEMテーマ:FX初心者



platinum kuebra fxと

昭和21年に設立された日本損害保険協会は、主としてわが国の損害保険業や協会員の健全な進展、加えて信用性を伸ばすことを図り、これによる安心・安全な世界の実現に役割を果たすことを協会の目的としているのだ。
【解説】バブル経済(日本では80年代から)って何?不動産、株式などの市場価格の動きが大きい資産の取引価格が過度の投機により実体経済の本当の成長を超過してもなお継続して高騰し、最終的には投機による下支えができなくなるまでの経済状態を指すのである。
今後も、わが国内で生まれた金融機関は、早くから国際的な金融規制等(市場や取引)の強化も視野に入れつつ、経営の改善や金融機関の合併・統合等も組み入れた組織再編成などに精力的に取り組んできています。
西暦1998年12月に、総理府(当時)の外局として委員長は大臣と定められた新しい組織である金融再生委員会を設置し、官僚を長とする金融監督庁は平成13年1月に金融再生委員会が廃止されるまで、その管轄下に約2年7か月位置づけされていた過去がある。
西暦1998年6月、当時の大蔵省の金融部局であった銀行局や証券局等の所掌業務のうち、民間金融機関等の検査・監督に関する部分を区分して、当時の総理府の外局のひとつとして金融監督庁というこれまでになかった組織を発足させたのだ。
いわゆる「失われた10年」が示すのは、どこかの国、もしくはどこかの地域の経済がなんと約10年以上の長期間に及ぶ不況そして停滞に襲い掛かられた10年を表す言い回しである。
きちんと知っておきたい用語。保険は、突然起きる事故が原因で生じた主に金銭的な損失に備えて、同じような多数の者が定められた保険料を掛け金として納め、準備した積立金によって保険事故が発生した際に保険料に応じた保険金を給付する仕組みなのです。
おしゃるとおり「重大な違反」にあたるのかあたらないのかは、監督官庁である金融庁が判定することだ。一般的な場合、微々たる違反が多数あり、それによる作用で、「重大な違反」評価をされてしまう。
西暦2010年9月10日、日本振興銀行が破綻(倒産)するのである。そして、ついに未経験のペイオフが発動することになった。これにより預金者の約3%程度ながらも数千人を超える預金者が、上限適用の対象になったのだと考えられている。
簡単!ロイズって何?イギリスにある世界的に著名な保険市場である。イギリスの制定法の規定によって法人とされた、ブローカーおよびシンジケート(団体や組合)が会員の保険組合そのものを指す場合もある。
【重要】株式についての基礎。債権ではなく出資証券(つまり有価証券)であり、企業は出資されても株式を手に入れた(出資した)株主に対して出資金等の返済しなければならないという義務は発生しないのである。最後に、株式は売却によって換金する。
預金保険機構(1971年設立)が支払う保険金の現在の補償額の上限は"決済用預金を除いて預金者1人当たり1000万円(決済用預金は全額)"ということになっています。この機構は日本政府、民間金融機関全体がさらに民間金融機関全体の三者がが同じくらいの割合で
【解説】MMF(マネー・マネジメント・ファンド):公社債、短期金融資産で運用し利益を得る投資信託(投資家の資金を集めて専門家が運用する)のことを指す。注意すべきは取得後の定められた期間(30日未満)に解約したい場合⇒手数料にペナルティ分も必要となるという仕組み。
ということは、第二種(一種業者とは取り扱い内容が異なる)金融商品取引業者が新たにファンドを発売し、適切に運営するためには、想像できないほど本当に大量の、業者が「やるべきこと」および、「やってはいけないこと」が法律等により定められているのであります。
まさに世紀末の平成12年7月、旧大蔵省より重要業務である金融制度の企画立案事務も移管し平成10年に誕生した金融監督庁を新組織である金融庁として再編。さらには2001年1月、省庁再編に伴い金融再生委員会を廃止し、内閣府直属の外局となったのである。




JUGEMテーマ:FX初心者



Platinum Kubera FX 実践

難しそうだが、外貨MMFの内容⇒現在、国内で売買することができる外貨商品の名前。同じ外貨でも預金と比較して利回りがずいぶん良い上に、為替の変動による利益は非課税であるという魅力がある。興味があれば証券会社で購入しよう。
FX⇒簡単に言えば外国の通貨を売買して証拠金の何倍もの利益を出す取引なのである。FXは外貨預金や外貨MMFより利回りが高く、さらには為替コストも安い長所がある。FXを始めるには証券会社またはFX会社で相談しよう。
多くの保険会社が加入する日本損害保険協会は、日本国内における損害保険業界の健全で良好な発展と信用性の前進を図ることにより安心であり安全な世界を形成することに寄与することが目的である。
いわゆる「重大な違反」にあたるのかあたらないのかは、監督官庁である金融庁が判定するものである。一般的なケースでは、小粒の違反がひどくあり、それによる相乗効果で、「重大な違反」判断を下すわけです。
2007年に設立された株式会社ゆうちょ銀行のゆうちょ銀行が提供しているサービスのうちほとんどのものは郵便貯金法(平成19年廃止)での「郵便貯金」の定義による取り扱いではなく、銀行に関して規定する法律である銀行法(昭和56年6月1日法律第59号)によって定められた「預貯金」に準ずるサービスです。
よく引き合いに出される「銀行の運営の行く末は信頼によって成功を収めるか、融資するほど価値がないものだという見方をされたことで順調に進まなくなる、二つに一つだ」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキンの言葉)
知らないわけにはいかない、ペイオフの内容⇒唐突な金融機関の経営破綻が原因の倒産の際に、金融危機に対応するための法律、預金保険法の定めにより保護しなければならない個人や法人等の預金者の預金債権(預金保険法の用語)につき、預金保険機構が法に基づく給付として預金者に直接支払を行う事です。
平成10年12月、当時の総理府の内部部局ではなく外局として国務大臣を組織の委員長とした機関、金融再生委員会が設置され、現在の金融庁の前身である金融監督庁は平成13年1月に金融再生委員会が廃止されるまで、その管理下に2年余りあったのである。
【解説】外貨両替とは?⇒海外へ旅行にいくときまたは手元に外貨がなければいけない際に利用される。最近は日本円に不安を感じているためか、外貨を現金で保有する場合も増えている。手数料はFX会社と銀行で大きく異なるので気をつけよう。
昭和48年に設立された日本証券業協会の解説。証券会社等の株券など、有価証券の取引(売買の手続き等)を公正で円滑にし、金融商品取引業界全体の調和のとれたさらなる振興を図り、出資者を保護することを協会の目的としているのだ。
よく聞くコトバ、デリバティブ⇒古典的な金融取引に加え実物商品や債権取引の相場変動が原因のリスクをかいくぐるために実現された金融商品全体であって、とくに金融派生商品とも呼ばれることがある。
金融庁の管轄下にある日本証券業協会は、こんなところです。協会員である金融機関の行う株券や債券など有価証券の売買の際の取引を厳正、そして円滑にし、金融商品取引業の堅実な進歩を図り、投資者を守ることが目的である。
最近では日本の金融市場の競争力を高める為に行われる規制緩和だけではなく、金融制度のますますの質的向上の実現のための活動等を実行する等、市場環境と規制環境に関する整備が推進されているということ。
簡単解説。スウィーブサービスってどういうこと?通常の銀行預金口座と証券の取引口座で、株式等の資金や利益などが自動振替される新しいサービス。同一の金融グループによる顧客囲い込み戦略ということ。
つまり「失われた10年」という言葉は、国や地域の経済活動がなんと約10年以上の長きにわたって不況、加えて停滞に直撃されていた10年のことを指す言い回しである。







JUGEMテーマ:FX初心者



1